CONCEPT

go to link  

enter
Scent−香り France−フランス Pylon−塔

3つの単語からなる「Ce.FRLON(セ・フォロン)」という言葉は、19世紀初め、フランスを中心に“アール・デコ”が流行していた時代の「The Perfume Tower(香水塔)」をイメージ。 enter 香水塔は、今でいうアロマディフューザーのように、ほのかな熱で香水の香りをフロアに漂わせ、清潔感のある空間に仕立てては、来客者を楽しませたそうです。 価値あるものは、少しずつ香りとともに広がりをみせます。
普遍的でモダン、そして日常に欠かすことができない「Ce.FRLON(セ・フォロン)」の考える新たなステイルを表現します。